TOP

TOP

Webデザイン

日々の生活の中で私たち個人個人が利用できるデバイスの数が増える中、それに応じてWebデザインの流行がめまぐるしく変化していることは多くの方が実感しているところではないでしょうか。

そんな流行が目まぐるしく変わるWebデザインの世界において、近年人気を集めているデザインがどんなものか皆さんご存知ですか。

近年特に人気を集めている存在に「ストーリーテリング」というものがあります。その名前を聞いただけでどんなものかわかるという方は少ないかもしれません。

「ストーリーテリング」は、考えや概念を伝えるためにそれらを思い起こさせるエピソードや体験談など、多くの読み手がイメージしやすい物語を引用し印象付けるのがその最大の特徴です。

なお、もともとこの手法は「マーケティング」の手法の1つとして広く知られている存在でした。しかしその魅力はWebにおいても通用するため、近年Webデザインの1つとして人気を集めているのです。

その具体的な構成は、ファーストビューでしっかりとユーザーの興味を惹きつけ、それ以降はストーリー仕立てで読み進めてもらうイメージです。そう聞くと皆さんもその名前は知らないものの一度は目にしたことがある構成なのではないでしょうか。

特にこの手法は、スクロールが長いタイプのシングルページに非常に合っています。

ビジュアルコンテンツ

そしてGIFやアニメ、動画を合わせて取り入れれば思わずチェックしたくなる離脱率の低いビジュアルコンテンツを作りやすい点がその最大の魅力です。

更に、もう1つ人気なのが情報を視覚的に表現する「インフォグラフィックス」というものです。

その最大の特徴は、数値や専門的なデータを視覚化することでその分野に長けていない人にもわかりやすく魅力的に情報を伝えることができる点にあります。

また、アニメーションなどの動画を駆使したものも増えており、そのビジュアル化する技術自体も年々進化している今注目の存在です。

なお、現在利用できるツールの多くはパソコンからの閲覧を前提としているものも多いですが今後スマートフォンやタブレットなど、その利用可能な範囲はますます広がっていくことでしょう。

ユーザーファースト

また、ユーザーファーストのWebデザインを重要視する姿勢も年々高まっていると言われています。

複雑なものではなく、初見のユーザーであってもそのページでできることを一目わかるような親切なシンプル設計が注目を集めているのです。
ぜひ参考にしてみて下さい。

昔はネットを使う人というのは会社員やデスクワークをしている人だけのみのことがほとんどでしたが、スマホの普及もあり、若い人も趣味や遊びでネットを使うようにもなりました。

また、買い物もネットを利用している人は多く、欲しいものをネットで探すことも多いでしょう。

通販の商品はネットで注文して自宅まで届けてくれるのでとてもありがたいですが、それでも実際の商品を自分の目で確かめることができないので、届くまで何となく不安に感じてしまうこともあるものです。

ですから安心して購入してもらうためにも、ショップのサイトのwebデザインも大事です。
美しく見やすいwebデザインの会社は買い物した商品のイメージアップにもつながるでしょう。

そしていま流行りのwebデザインを取り入れていくと良いです。
デザインにも流行がありますから、綺麗にまとまって見やすくなっていてもなんだかふつ古いような感じがしてしまっては購入意欲もわかないものです。

若者を対象としたサイトであればいち早く流行のwebを取り入れていることもあるのでおすすめです。
参考にしてみると良いです。

また、自分でそうした流行りのものを作るには教材や学校などで学ぶ必要もありますが、自分が流行りに興味があることが前提です。

フォントなども工夫

流行りに興味のない人であれば流行りに敏感になることもできないので、流行りに興味のある人、もしくは専門の業者に依頼してみると良いでしょう。

今はステマなどが多い影響で余分な情報、広告はないほうが見やすいと感じる人も多いので、すっきりとわかりやすいものが人気です。
また、文字の大きさ、フォントなども工夫すると見栄えが良くなり人気です。

実際に自分がいくつかのサイトを見てみて、最も見やすいと感じるコツ、工夫などを見つけてみても良いでしょう。
自分が感じる感覚というのが大事ですし、作る側の立場としてでなく利用する側の立場にもなって作ってみると良いです。

素敵なwebデザインをしてくれる制作会社であれば、通販サイトやブランディング用のホームページでもより高い効果が期待できます。
デザイン重視のWEB制作を依頼するならこちら

そして今現在お洒落でカッコいいとされているものでも、数年たてば古いと感じられることがほとんどです。

時代の流れとともに変化

流行というのは繰り返しますが、すぐに古いということにもなってしまうので注意です。

もし古い、時代にあっていないものになってしまったと思うのであれば、また今の時代にふさわしいものを取り入れていくようにもしましょう。