【2021】スーパームーン皆既月食ウエサク満月とは?どんな願い事が叶いやすい?

2021年5月26日はスーパームーン、皆既月食、ウエサク満月のトリプルコンボの日
一番きれいに見れるタイミングは20時14分頃なので見逃し注意です!

特別な満月の日はなんと日本で観測できるのは24年に一度のものだそうです。
そんな特別なこの日を迎えるにあたり、特別な月といわれる理由、そしてどんな願い事をするといいのか
をお伝えしていきたいと思います。

目次

最強の満月スーパームーンが皆既月食になる20分間

最強の満月といわれるスーパームーンがなんと皆既月食するのが2021年5月26日20時14分頃
ここからわずが20分間の間におこる月の見え方の変化を見ながら願い事をするのがおすすめです。
月食のはじまりは18時44分頃に起きるのでその時からスタンバイするのが良さそうです。

画像引用元:国立天文台 天文情報センター

皆既月食とは赤銅色に月が染まったように見える現象です。
赤銅色に染まった満月が見られるのは、とても貴重な瞬間なのです。
皆既食が終わると月はだんだんと明るさを取り戻して、部分食も終了する21時52分頃には、白く丸い満月が南東の空に輝きます。

スーパームーンと皆既月食、ウエサク満月とは?

スーパームーンや皆既月食はよく耳にするから知っているけれど
「ウエサク満月」というワードは初めて聞く方が多いのではないでしょうか。

おさらいですがスーパームーンは月が地球に一番近づいて月が大きく見える現象で1年に1回くらいの頻度で起きます。
そして皆既月食とは太陽と地球、月が一直線に並び、地球の影に月が隠される現象でこちらも1年に1回くらいの頻度で起きます。
この2つの現象が同時に起きるのが2021年5月26日なのです。

また、それに加え、5月の満月は1年の中で特別な意味をもつ「ウエサク満月」と言われています。
ウエサク満月の語源は「ウエサク」これはどんな意味かというと
お釈迦様が生まれた日、悟りを開いた日、亡くなった日がいずれも5月の満月の夜だったという伝承があるのです。
それが特別な月と言われる所以です。

トリプルで特別な満月が見れるのは本当に貴重な瞬間なのです。

どんな願い事が叶いやすい?

月の満ち欠けは新月~満月を周期的に繰り返しているのは皆さんご存じかと思います。
同じ月でも新月にしたほうがいい願い事、満月のときにする願い事は異なるのです。

新月はこれから迎える満月にむけていろいろ吸収して取り入れていくため、それに準じた願い事をするのがおすすめですが

満月のお願いごとは「手放す」「解放」がキーワードです。
手放したい想いや終わらせたい習慣・人間関係などに終止符を打ち、心身を浄化してくれる「リセット」の願い事はおすすめです。

また、スーパームーンは月が一番地球に近づく日ということもあり、誰かの気持ちを自分に向けたい「引き寄せの願い」にも向いています。彼の気持ちを自分に引き寄せたい!という恋愛の願いごとなんかもいいですね。

金運アップのためにはお財布を空っぽにして満月にむかってフリフリ振るといいそうです。

どんな願い事でもまずは感謝の気持ちを伝えてからというのがポイントです。

願い事の仕方にも注意!

願い事をするとき、だいたいの人は「○○○○が○○○○なりますように」みたいに願いませんか?
実はその願い方はNGなのです。
ポジティブに心を開いて「○○○○が○○○○になります」という願い方がGOODです。
そして必ず自分に向けた願い事にすることです。
例えば「大好きな彼が私のことを好きなってくれますように」ではなく、
「大好きな彼が好きになってくれるような素敵な女性になります」という感じですね。
願い方に意識してみてくださいね。

まとめ

最強のトリプルコンボ満月がみれる特別な日の2021年5月26日
願い事の仕方や願い事の種類をしっかり考えて、本日の夜を迎えましょう!

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる