阿蘇山ライブカメラまとめ噴火情報2021警戒レベル情報

10月20日11時43分頃阿蘇山が噴火しました。
熊本県にある阿蘇山が噴火し、噴火警戒レベル3に引き上げられています。
噴煙が3500メートルの高さまで上がり、火砕流が火口から1キロ以上の場所に達したようです。
火口から2キロの範囲で大きな噴石や火砕流に警戒するように気象庁より警戒が出ています。

現在設置されているライブカメラについてまとめています。
また、警戒レベルについてもあわせて解説しています。

目次

噴火警戒レベルとは

噴火警戒レベルとは気象庁が定めている火山活動による警戒が必要な範囲と防災機関や近隣住民のとるべき防災対応を5段階レベルに区分している指標のことをいいます。

各レベルのわかりやすい一覧表はこちらになります。

噴火警戒レベルの表
引用元:気象庁

阿蘇山ライブカメラ

阿蘇山付近のライブカメラ情報をまとめています。

阿蘇ライブカメラ~阿蘇火山博物館・草千里~

阿蘇火山博物館屋上からのRKKライブカメラの映像です

「●ライブ」の●が赤になっているときは、現在の映像が流れています。
過去12時間まで戻って再生できます。

ウェザーニュースライブカメラ

ウェザーニュースが阿蘇市に設置しているライブカメラ映像はウェザーニュースTwitterから確認ができます。

NHKヘリコプター上空ライブカメラ

避難防災グッズや非常用持ち出し品

実際に避難が必要とされた際は身を守る装備が必要になってきます。
普段から防災グッズは家に常備しておいたほうがいいですね。

噴石から身を守るためには防災用のヘルメットを着用、火山灰から身を守るためにはゴーグルやマスクの着用が望ましいです。
また、火山灰被害により停電になる可能性があるため携帯用の充電器や懐中電灯、冬場は防寒具なども備えておくことをおすすめします。

火山噴火だけでなく日頃の地震などの災害にも備えておくことで安心できますよね。
1年に1回備蓄品や防災用の食糧などの消費期限なども点検しておくといいですね。

防災用の食料品は現在は色々な種類が開発されているので安心です。

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる