ドラゴン桜2最終回【助っ人は誰?】矢島(山P)と予想される5つの理由

ドラゴン桜が最終回目前ということで毎回白熱したシーンが繰り広げられていますね。
最終回に登場する最強の助っ人としてサプライズ出演するのが誰なのかが話題になっています。
今回は原作をもとに山下智久さん演じる矢島なのではないかと予想されていることについて調査してみました。

目次

最終回予告で最強の助っ人が登場?サプライズゲストは誰?

6月20日の第9話放送直後に公式サイトにアップされた次回予告はこちらです。

注目は桜木先生と水野のやり取りです。
桜木先生が「あいつら(東大専科7人)のために、頼もしい助っ人を用意した。久しぶりだな」と水野の後ろにいると思われる人物に声を掛けると、水野が後ろを振り向くと「えっ!」と驚き交じりの笑顔で出迎えています。
最強の助っ人は一体、誰なのでしょうか。

最強の助っ人は矢島!山下智久(山P)と考察される5つの理由

最終回のサプライズゲストは誰なのか白熱した考察がネット上で繰り広げられていますが
やはり助っ人は山P演じる矢島しかいないと考えられます
その理由を以下まとめてみました。

原作は東大合格した矢島が再登場している

原作では矢島が再登場しています
ドラマとストーリーが違うのでなんとも言えないところですが…

ちなみに原作では矢島は一浪後に東大へ合格しています。
その後、官僚を目指したのですが自分には向いてないと思い辞めてしまいます。
そして世界を旅して難民支援活動に携わっていたことが描かれています。

世界を旅して難民救済活動をしていたので髭が生えていて、ワイルドな出で立ちになっていますね。
ワイルドになった山Pが出演されるのでしょうか。

ドラマオリジナルのストーリーだと弁護士を目指していたという伏線もありました。

東大には行かずに弁護士になった可能性あり

ドラマドラゴン桜シーズン1で矢島は東大に現役合格をしました。
しかしながら学費がかかるということで東大にはいかずに司法試験をうけて弁護士になるという意思を伝えていましたね。
弁護士になった矢島が水野と桜木先生を助けるというのはピンときませんか?

第9話で水野のセリフに「矢島」がでてきた

第9話は共通テスト前日、水野のセリフに矢島がでてきました。
「昔を思い出します。私の時は、お母さん(美保純)が(脳梗塞で)倒れちゃって、何度もあきらめそうになったけど、矢島やみんなが支えてくれた。あの子たち(東大専科の7人)も、そうやって互いが支えになってくれてたらいいな」と振り返るシーンがあったのです。
これは矢島登場のフラグではないでしょうか。

矢島のトレードマーク「メッシュ」と山Pの髪型が一致している

山Pが最近アップした自信の髪型にはメッシュがくっきりと入れられていました。
これは矢島のトレードマークだった髪型と一致していると話題になっています。

山Pもドラゴン桜をチェックして匂わせている?

ドラマ放送開始のころに山Pの公式Instagramで上記のような「今日からドラゴン桜楽しみだ」とPOSTがありました。
これは再出演を匂わせるものでは?と話題になっていました。

まとめ

最強の助っ人として登場するサプライズゲストは山Pだと考察されている理由についてまとめてみました。
原作とはストーリーが異なりますし、山Pは現在海外を拠点に活動されているので出演の可能性は低いかもしれませんが理由をまとめてみると伏線がありそうですよね。
最終回が楽しみです。

最後までご覧いただきありがとうございました。

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる