コンテンツ

ネットユーザーの興味があるコンテンツを

機能を重視するのか、コンテンツの見易さを重視するのか、使い易さを重視するのかによって、Webサイトを構築する際のデザインは大きく変わってきます。

企業がアクセス数を伸ばす為には、ネットユーザーの興味があるコンテンツを用意し、操作がし易いナビゲーションバーを用意すると良いでしょう。

使い易いWebデザインとは、操作がし易いだけでなく、コンテンツが読み易いといった事も必要であり、多彩な端末に対して、その端末に合ったレイアウトを構築していきます。

端末のディスプレイに合わせて表示領域を変化させていくのであれば、レスポンシブデザインの採用が標準になっています。

CSSのメディアクエリという機能を使う事で、通常のCSSと特定の条件において表示する異なったデザインを表示させる事が可能になります。

つまり、PC向けのレイアウトとモバイル向けのレイアウトを分ける事で一つのHTMLのソースコードによる運用が出来ますので、企業にとっては少ない手間でコンテンツの更新を行えます。

オンラインショップやオンラインサービス

アクセスしてきたユーザーが使い易いと感じられるようにする事で、リピートし易い環境作りが行え、オンラインショップやオンラインサービスを展開しているのであれば、何回でもユーザーが使ってくれる環境作りが行えるでしょう。

美しいレイアウトを実現する事でネットユーザーの興味を惹きつける事は可能ですが、サイトのコンセプトに合っていない場合には違和感を感じます。

その違和感を感じさせずに使い易い環境を構築していく事で、ネットユーザーは何度でもそのサイトを利用しようと考えるようになってきます。

入力デバイスによってもサイトの使い勝手は変わってきます。

パソコン向けのサイトはマウスで操作するのに最適化されており、自由度の高いレイアウトになっているのが特徴です。

モバイル端末

モバイル端末はタッチパネルになっていますので、入力デバイスを接続せずに、そのまま、指での操作が出来ますがマウスのように細かな操作をするのには不向きです。

その為、モバイル向けのサイトは縦にスクロールしてコンテンツを読んでいくレイアウトが主流となっており、近年ではニュースメディアを中心に縦スクロールレイアウトで構築している事が多いです。

高度な機能を搭載しやすいのはPC向けのサイトです。

パソコンのリソースを最大限に活用していく事が可能ですので、ネットユーザーのニーズに合わせた使い易いサイトを作るのに適しています。
モバイル向けのサイトは情報を手軽に読むといった用途に適しているでしょう。