ガルプラ基本用語まとめ!チッケムなどのKPOP用語も紹介

韓国大手の音楽番組Mnetで放送中の巨大オーディション番組ガールズプラネット999では日本・韓国・中国の各国から33名計99名が出演しています。
デビューメンバー9人を賭けてミッションや視聴者投票を行っていることで話題になっていますよね。
推しのメンバーの生き残りをかけて視聴者も番組のこれからが楽しみですよね。
番組のなかで使用されている用語などを理解して視聴するともっと楽しめると思い、今回は用語集をまとめてみました。
KPOPやオーディション番組にはじめてハマってしまった方もいると思いますので、KPOP用語も合わせて紹介していきたいと思います。

目次

プラネットガーディアン

ガールズプラネット999は番組を見ている視聴者投票と審査員の評価で生き残り、デビューメンバーが決まるというルールになっています。
視聴者のことを番組では「プラネットガーディアン」と呼称しています。

TOP9(トップナイン)

ガールズプラネット999で最終的にデビューできるメンバーは9人です。
そのことから9人が座れるスペース(椅子)が用意されていてデビューにもっとも近い9人ということで投票やミッションごとに発表されていきます。

このTOP9に選ばれていくかどうかが重要になってきますよね。
番組途中から見られた方も最初から見ていた方も見返して復習してみましょう♪

ガールズプラネット999を見るならABEMAです!

過去の放送回や全番組が見放題!
地上波NGの番組もたくさん見ることができます♪

ABEMAは2週間無料体験ができるので、その期間内であれば無料で視聴できます!

\簡単5分で登録完了/

/解約もオンラインで完結\

無料期間中に解約すれば料金は一切かかりません

CELL(セル)

オーディション初番ではCELLというKCJそれぞれ1人ずつ3人組となりオーディションに参加するルールになっています。この3人組は運命共同体で、1人が落ちたら他のメンバーも落ちるというシステムです。
オーディションは1人で頑張ればいいというルールを打ち破っています。
3人組(セル)で勝ち残るために何をしたらいいかが問われています。

シグナルソング

Mnetのオーディション番組あるあるですが、オーディションメンバーの課題曲が設定されています。
オーディション出場者が全員で披露するオリジナル楽曲が作られています。
デビュー曲とはまた違うのですが、オーディション番組のテーマ曲という表現に近いものです。

ガールズプラネット999のシグナルソングは「O.O.O (Over&Over&Over)」という楽曲です。

パロナヤガール

ガールズプラネット999のシグナルソング「O.O.O.」では「パロナヤ!(私よ!)」というフレーズがあり、そのフレーズを担当する女の子をパロナヤガールと呼称しています。
印象的なポジションのためパロナヤガールに選ばれるということはみんなに認知してもらえるポジションなんです。

Jグループは永井愛実ちゃん、Cグループはスールイチー、Kグループはイチェユンがパロナヤガールに選ばれています。

プラネットパス

ガールズプラネット999の生き残りルールの一つで、視聴者投票やミッションで脱落メンバーに入ってしまったとしても審査員(マスター)が指名したメンバーは生き残れるというルールのことを指します。
番組ではKJC各国から1名ずつプラネットパスで脱落から生き残りへとパスできます。

キリングパート

シグナルソングの「パロナヤ!」のように楽曲の中で短いフレーズながら印象的なフレーズの部分
オーディション番組ではこのキリングパートが視聴者へのアピール、審査員へのアピールにもっともつながることから誰が担当するかが重要なパートになっています。

印象を残すというのがオーディション番組では大事ですからね。

チッケム

音楽番組やミュージックビデオなどで特定のメンバーだけを映している映像のことを指します。
英語で言うとファンカメラといいます。
言葉どおり、ファンが推しのメンバーを撮影した映像もあれば、番組の放送局がメンバー1人を撮影した映像もあり、どちらもチッケムと呼びます。

マンネ(末っ子)

KPOPのアイドルグループには担当ポジションみたいなくくりで「末っ子ポジション」というのが存在します。アイドルグループはリーダーにスポットが当たりがちですが、マンネ(末っ子)として可愛がられてるポジションがあります。
日本で言うと妹キャラという用語に近いかなと思います。

反対にお姉さんを表現するのが「ヌナ」です。

一般的に可愛くて愛嬌がある最年少のメンバーがマンネです。
年功序列の文化が厳しい韓国だからこそこのような文化であると言われています。

カムバック(カムバ)

通称「カムバ」と言われていて、いわゆるアーティスト(アイドル)が「新曲をリリースすること」を意味します。
新曲をリリースすることで音楽番組やメディア出演などが多くなる期間をカムバ期間と言うこともあります。

また、新曲リリース後に初めて音楽番組に出演することを「カムバックステージ」と呼んだりします

ティジャ(ティザー)

新曲リリース「カムバ」と一緒によくでてくるのが「ティザー」(ティジャ)
プロモーションのためにリリースされる写真や映像の一部が公開されることを意味します。

数秒ほどの映像でリリース情報のあとにティザー公開!みたいにニュースになることが多いです。

ペン

アーティスト(アイドル)のファンの呼称で、ファンを韓国語で言うと「ペン」
推しのメンバーが○○という名前であれば、○○ペンみたいなかんじで使用します。

メンバー全員推しという意味でオールペン、略して「オルペン」と言います。

イルデ

主に日本でデビューすることを指します。
日本を韓国語で言うと「イルボン」、日本デビューを「イルボンデビュー」と呼称して、略してイルデと使用しています。日本人が使うことが多く、韓国では通用しない可能性があります。

ガールズクラツシュ(ガルクラ)

かっこいい楽曲を演じるときによくでてくる用語かなと思いますが、「女が惚れる女」という意味をさします。
女性が女性に惚れ込んでしまうほど魅力的な女性で、可愛らしいというよりはかっこいい女性という意味でつかわれることが多いです。

まとめ

ガールズプラネット999およびKPOPに関する用語についてまとめてみました。
よりオーディション番組やKPOPを楽しむために参考にしていただければと思います。

最後までご覧いただきありがとうございました。

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる