【国際柔道連盟IJF】宴会の高級ホテルはどこ?永田町のキャピトルホテル東急

国際柔道連盟の毎晩20時以降にわたる宴会での打ち上げ飲みが話題になっていますね。
日本武道館で開催されていたオリンピックの柔道の実施は7月下旬でした。
その時に都内ホテルの宴会場の円卓には深夜11時過ぎまで数十人の外国人客が集まっていたようです。
緊急事態宣言中の中行われた宴会が世間では物議をかもしていますね。

宴会が行われていたのはどこのホテルなんでしょうか。
都内の高級ホテルで菅総理が秘書官などと朝食会を開くことでも知られている有名な高級ホテルです。

そのホテルは永田町にあるザ・キャピトルホテル東急でした。
今回の経緯と宴会が行われたホテルについて詳しく調査していきたいと思います。

目次

国際柔道連盟(IJF)はVIP客としてキャピトルホテル東急に宿泊

オリンピック開会式の数日前から国際柔道連盟の名だたる面々は10日間ほど永田町のキャピトルホテルに滞在していたようです。

ホテル内の宴会場である「鳳凰の間」を貸切にして、
ミーティングルームと食事ルームとして半分に分けていたようです。
その食事ルームで問題の宴が行われていたようです。
宴会は百歩譲ってOKだとしても、問題になっていたのは宴会場での酒類の提供です。

「キャピトルホテルでもレストランは20時で閉店し、アルコールの提供は休止しています。ルームサービスを除けば、宴会場の一般利用者にもお酒は出していません。それなのに、IJFの皆さんには20時以降も飲食を認めていた。しかも、食前のシャンパンやワイン、スコッチウイスキー、ビールに日本酒や焼酎まで提供していました

引用元:デイリー新潮

オリンピックの海外VIP客として特別扱いを受けていたようですね。
一般利用客にはお酒の提供はせず、街中では20時以降の飲食店の営業も自粛していたのに…と世間は問題にしていますね。

ザ・キャピトルホテル東急の場所

永田町にあるザ・キャピトルホテル東急ですが、どこにあるのか詳しくみていきます。
地上26階建のホテルで冠婚葬祭も行われる会場なども完備されています。
永田町に位置しているので総理官邸の方々も利用されることで有名な高級ホテルです。

引用元:キャピトルホテル公式サイト

ザ・キャピトルホテル東急
〒100-0014 東京都千代田区永田町2-10-3
公式サイト:https://www.tokyuhotels.co.jp/capitol-h/

宿泊プランは公式サイトで2万円前後からとなっています。
家族でも単身でも優雅に過ごせるいろいろなプランがありますよ。

楽天トラベルからの予約ですと、1万円前後で予約できちゃいます。
ポイントも貯まる&使えるお得に宿泊できますよ♪

鳳凰の間は500人規模の宴会場

国際柔道連盟の方々が利用していた宴会場は「鳳凰の間」です。
500人規模の面積となる大宴会場となっています。

引用元:キャピトルホテル公式サイト

キャピトルホテルはORIGAMI(オリガミ)でのアフタヌーンティーが大人気

キャピトルホテル内のディナーラウンジORIGAMIは
窓から庭園の木々が見え、都会の喧騒を忘れてくつろげる空間になっています。
時間帯を気にせず終日利用できるオールデイダイニングです。

人気メニューはアフタヌーンティープランで予約が困難とされるほど憧れのプランです。

スイーツが竹細工にディスプレイされていてとても優雅で可愛いですよね。

レビューも絶賛している意見が多く、一度は訪れてみたいアフタヌーンティーですよね。
アフタヌーンティーだけの予約はなかなかとれないのですが、
宿泊プラン付きのアフタヌーンティーは予約がとりやすいようですよ♪

まとめ

国際柔道連盟の緊急事態宣言下の宴会は許されないことかと思いますが、宴会場のあるホテル「ザ・キャピトルホテル東急」は5つ星ホテルの名に恥じない素敵なホテルです。

ORIGAMIでのアフタヌーンティー一度は行きたいですよね。
感染予防対策をきっちり心がけて都内のホテルでくつろいでみたいですね♪

最後までご覧いただきありがとうございました。

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる