インターフェース

ユーザーインターフェース

高度な機能を持ったWebサイトが数多く登場してきている昨今、その機能を効率的に使えるようにするにはユーザーインターフェースやコンテンツの表示の仕方を工夫する事が重要になってきています。

サイトが提供するサービスを利用するネットユーザーが利用し易いデザインにするには、ユーザーの視線がどの部分を支点にしているのか、操作はどのようにしている事が多いのかを探っていく事で使い易いレイアウトを心掛ける事ができ、端末によっても操作性の違いを吸収して違和感を感じずにWebサービスを使っていく事が出来ます。

タッチパネル方式のディスプレイが普及した事で、縦方向へのスクロールを行なってコンテンツを読み進めていくというスタイルが一般的になっています。

縦スクロールを行う事は、多くの人々がモバイル端末を持ってタッチパネルを操作するのに最も扱い易いスタイルであり、パソコン向けのWebサイトもマウスを使った操作が多く、特に中ボタンのスクロール部分を使ってページのヘッダ部分からフッダ部分までスムーズにスクロールし易くなっています。

多彩な端末でアクセスする事を想定

アクセスユーザーがWebサイトを使い易いと感じるWebデザインにするには、多彩な端末でアクセスする事を想定して要素を配置していきます。

ディスプレイの幅に応じて可変するレスポンシブデザインはパソコンやモバイル端末のディスプレイサイズに応じて適したレイアウトで表示させる事が可能です。

モバイル端末の場合、縦向きで見る事も横向きで見る事もありますので、画面を回転させた時にその方向に合わせたレイアウトに自動的に調整してくれるレスポンシブデザインは制作者の意図に合わせたレイアウトを実現出来る点で都合が良いでしょう。

サイトのカラーリングも大切

使い易さを感じさせるには、サイトのカラーリングも大切です。背景色と文字色の組み合わせは重要であり、同系色で構成してしまいますと、文字が読みにくくなってしまい、視認性が落ちてしまいます。

視認性を高める為には、同系色で纏めずに背景色とのメリハリをつけて文字色を選ぶと良いです。

このようにする事で、ユーザーがコンテンツを読み易い環境に整える事が出来るようになりますので、自然と使い易さが向上します。

使い易いWebデザイン

オンラインサービスが多彩になってきた事で、サービスの高度な機能を使い勝手の良いものにするには使い易いWebデザインによるサイト構築を行なっていかなければいけません。

ユーザー視点でサイト構築をするのが有効です。