【木下雄介】ワクチン種類はモデルナ?ファイザー?持病や副反応を調査

中日ドラゴンズの投手である木下雄介さんが8月3日に亡くなっていたことがわかりました。

報道されたのは8月5日です。7月6日の練習中に倒れて緊急搬送されてから重篤・危篤状態が続いていたそうです。

まだ27歳でこれからの活躍が期待されていた選手なのに胸が苦しくなるニュースですよね。

因果関係は不明ですがワクチン接種後の練習中に倒れたとのことでした。

木下雄介投手が接種したのはいつなのか、ファイザーなのかモデルナなのかワクチンの種類は何だったのか気になりますよね。

また、木下雄介投手は持病などがあったのかも気になるところだと思います。

今回は木下雄介投手がなぜ亡くなってしまったのか死因とワクチンの種類や副反応について、そして木下雄介投手の既往歴について調べていきたいと思います。

目次

木下雄介投手がコロナワクチンを接種したのはいつ?

木下雄介投手は6月28日に1回目のコロナワクチンの接種をしています。

中日ドラゴンズは親会社・中日新聞社の職場接種を利用してワクチン接種を行ったとされています。
同じチームの2軍選手も同日に接種しています。

そして接種後8日目にあたる、7月6日に名古屋球場で練習中に息苦しさを訴えて急に倒れてしまいました

結構激しい練習をしていたようです。
名古屋市内の大学附属病院へ緊急搬送されています。

緊急搬送後の状態は重篤・危篤状態

7月6日の練習中に倒れた木下雄介投手の容態は重篤でした。

心臓周辺に問題が発生し、その影響が脳に及んでいました。
人工呼吸器を外すことができないほどの状態
だったようです。

奥さんがつきっきりで見守っていたようです。

副反応は心筋炎?心膜炎?

世間では緊急搬送された木下雄介投手の容態を受けて、
この状況についてワクチンの副反応である「心筋炎」や「心膜炎」ではと心配されていました。

ワクチン接種後の「心筋炎」や「心膜炎」がごくわずかな確率でおきることはニュースでも報じられていました。

欧州医薬品庁(EMA)は7月9日、米ファイザー/独ビオンテック製と米モデルナ製の新型コロナウイルスワクチンの副反応について、「非常にまれ」に心臓に炎症が起こる可能性があると発表しています。
(引用元:https://www.bbc.com/japanese/57787039)

どんな状況でどんな人に起きるのかというと

・ワクチン接種後14日以内に発症
・2回目のワクチン接種後に起きる傾向
・比較的若い男性に多く見られる

上記のような傾向があるようです。
心筋炎・心膜炎の症状には、胸の痛みや息切れ、動悸(どうき)などが含まれます。

木下雄介投手の死因はまだ明らかになっていませんが
息苦しさを訴えて倒れたというところと心臓の周辺に問題がという点で上記の症状と一致しますよね。

死因やワクチン接種との因果関係はまだわかっていませんが、心配になりますよね。

木下雄介投手が接種したワクチンの種類はモデルナ?ファイザー?

木下雄介投手が接種したのは米モデルナ製のワクチンでした。

6月17日に中日ドラゴンズも職場接種を開始したという報道がありました。

プロ野球中日は十六日、名古屋市東区のバンテリンドームナゴヤで新型コロナウイルスのワクチン接種について説明会を開いた。二十一日から選手、スタッフらを対象とした職場接種を開始する予定で、愛知医科大の三鴨広繁教授(感染症学)がワクチンの効果や副反応について説明した。
 接種は任意で、米モデルナ製のワクチンを使う。球団の加藤宏幸代表によると一軍の選手は二十一日に東京都内で一度目の接種を実施。他の希望者は名古屋市内などで順次受ける。説明会は接種への不安を解消してもらう狙いで球団が催し、約二百人が参加した。

引用元:中日新聞

木下雄介投手の既往歴は?持病はあった?

コロナワクチンは持病がある人は注意が必要だというのは周知されているかと思います。
木下雄介投手は持病があったのでしょうか。

今回調べたところ、既往歴や持病などされていたソースはありませんでした。
怪我や手術は多く乗り越えてきたようです。

直近では2021年3月21日の日本ハムとのオープン戦で右肩を脱臼しています。
そして4月に肩、右肘の内側側副じん帯の再建手術(通称トミー・ジョン手術)を行っていました。
「一日でも早く復帰できるように前向きに頑張っていきます」と語ってリハビリに励んでいたようです。

再起からの活躍を期待されていた選手でしたので非常に残念な思いで胸が苦しくなりますね。
木下雄介投手のご冥福をお祈り申し上げます。

医師の見解まとめ

東京歯科大学市川総合病院の寺嶋毅教授は、過度に接種を恐れる必要はないと指摘しています。

「ワクチンの恩恵をもっとも受けるのは高齢者ですが、20~30代の若年層であっても重症化する危険性や後遺症に悩まされるリスクがそれなりに存在する以上、接種のメリットは大きいと言えます。
また、ワクチンは自身の感染を予防しながら、それを通じて周囲への感染拡大を防ぐという効果も期待されています。家族や大切な人たちを守ることを考え、また自らが感染を広げる一因とならないためにも、やはり接種は推奨されるべきでしょう」

引用元:ヤフーニュース

また、接種後に心筋炎や心膜炎の発症が疑われていますが、副反応の報告は非常にまれで、症状は大抵は軽く、通常の治療と休養で短期間に回復するとされています。

死因や病名は非公表

ニュースでは家族の希望で死因や病名は非公表となっています。
27歳という若さで亡くなってしまい家族のショックも隠し切れないかと思います。
ご家族の希望で非公表となっているのでこれ以上の追及はできない可能性が高いです。

8月14日には木下雄介投手(享年27)への弔意を表すため、12球団の全選手が喪章をつけてプレーをしています。
中日のベンチには木下選手のユニフォームが飾られているなどしています。

木下選手のご冥福をお祈り申し上げます。

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる