桐生祥秀の年収は1000万超?賞金や報奨金などを徹底調査!

東京オリンピック100mリレー代表に選出された桐生祥秀(きりゅうよしひで)選手は史上初の金メダル候補として話題になっていますね。また、2017年に初めて100m9秒台の日本記録を叩き出したことでも有名です。
最強の陸上選手を支えているスポンサーはどこなのでしょうか。所属企業なども調査してみました。

目次

桐生祥秀(きりゅうよしひで)選手のプロフィール

まずは桐生選手のプロフィールについて紹介していきます。

氏名:桐生祥秀(きりゅうよしひで)
生年月日:1995年12月15日
身長:175㎝
体重:70㎏
出身地:滋賀県彦根市
出身校:彦根南中(滋賀)→洛南高(京都)→東洋大学法学部企業法学科
所属:日本生命
マネジメント:アミューズ

東洋大学在籍時の2016年にリオデジャネイロオリンピック100mリレーに出場して、銀メダルを勝ち取りました。
その際の日本チームは山縣亮太選手、飯塚翔太選手、 桐生祥秀選手、ケンブリッジ飛鳥選手で、桐生選手は三走でした。学生時代にオリンピック出場でメダル獲得とは素晴らしい戦歴ですよね。
また、2017年9月9日に、100m走で日本記録初の9秒台の9秒98をマークしました。
100m走の公認記録では日本人史上初・アジア出身選手史上2人目で、日本記録は10秒00が最速でしたが、19年ぶりに記録を更新させたんです。
大学卒業後は日本生命所属し活動していて、東京オリンピックの100mリレーに内定しています。

プライベートでは2020年に一般女性の方とご結婚されていて、2021年2月に男の子が誕生しています。
ご自身と同じくアスリートに育てるのでしょうか。楽しみですね。

桐生選手を応援しているスポンサーは?

最強の陸上選手を支えているスポンサーはどこなのでしょうか。
所属やマネジメントをしている会社についても調査してみました。

所属は陸上部のない日本生命

東洋大学卒業後は日本生命に所属してプロ陸上選手として活動しています。
陸上競技ではプロになる選手は少ないそうで、ほとんどの選手が実業団に所属入社してそこの陸上部を練習拠点として活動することが多いのだとか。
日本生命には陸上部はなく、遠征費用を援助してもらう形でいわいるスポンサー契約のような状況のようです。
日清食品グループ、トヨタ、住友電工、大阪ガス、富士通など多くの実業団からもオファーを受けていたそうですが、陸上部のない企業で陸上に興味がない人にも興味を持ってもらえるようにという理由もあり日本生命の所属を決めたとのことでした。先駆者として活動されている桐生選手素敵ですよね。
練習拠点は引き続き卒業した東洋大学になっているようです。

マネジメントは大手芸能事務所のアミューズ

桐生選手のメディア主演などマネジメントをしているのは芸能事務所大手のアミューズです。
女優の上野樹里さん、吉高由里子さんや俳優の賀来賢人さんや大谷亮平さんなどが所属されていますね。
スポーツ番組やバラエティー番組などメディア露出も多い桐生選手はマネジメントを事務所に所属して管理されているんですね。

スポンサー企業一覧

桐生選手のスポンサー契約は以下の通りです。

  • アシックス
  • 伊藤園健康ミネラルむぎ茶
  • JBL
  • SIXPAD
  • 酒井医療
  • マセラティ

JBLはコードレスのスピーカーやヘッドホンが人気のブランドですよね。
桐生選手はモチベーションアップのために試合前にはアップテンポな曲をきいてメンタルを整えているようです。
SIXPADはEMS搭載の筋トレ器具が有名なブランドですね。身体のコンディションを整えるために使用されているようです。
そしてマセラティといえば高級外車ブランドです。憧れの外車ですが桐生選手くらいの年収があればすぐに買えてしまいそうですね。



桐生選手の年収は?

最後に桐生選手の年収について調査してみました。
収入源を細かく分析してまとめて紹介していきます。

会社員としての年収

桐生選手は一般企業である日本生命に所属しているので会社員としての給与をベースとしていただいていることが予測されます。日本生命の平均給与を調査したところ年収は300~500万円程度でした。
大卒の初任給は約21万円でした。日本生命といえば大企業なので職種にもよりますが成績を残して昇進していくと、毎年70~80万円ずつ年収が上がっていき、30歳前後で年収900万円に到達される方が多いようです。
役職についている方は1000万以上あると言われています。

大会の賞金や報奨金

スポーツ選手は大会で記録を更新したり、メダル獲得など成績を残すと報奨金や賞金がもらえるんです。
東京オリンピックの報奨金は陸上競技で金メダルを獲得したら日本陸上連合から2000万円の報奨金がでることが発表されていますね。
ほかにも世界陸上で個人種目で優勝すると約650万円の優勝賞金がでます。
このような報奨金や賞金が収入源のひとつでもあります。
過去には男子マラソンで日本記録を更新した設楽悠太選手が報奨金1億円を獲得したことがありました。
その際に桐生選手はTwitterで「いいなぁ一億円」とつぶやかれていました。

スポンサー企業からの宣伝費

契約しているスポンサー企業からの宣伝費が収入源にもなっています。宣伝費ではなくユニフォームなどの提供のみということもありますが、CMに出演したりSNSの広告塔になったりということで宣伝費が発生していることも多くあります。
スポンサーからの宣伝費は、陸上選手でも、海外だと何十億を超える選手も多くいますが、日本の陸上選手は数百万から数千万ほどの宣伝費といわれています。
現在桐生選手は数社とスポンサー契約をしていますが、今後の活躍次第でさらにスポンサー企業が増えていくことが予想されますね。そうなると年収ももっと上がっていきますね。

メディア出演でのギャラ

桐生選手はアミューズという芸能事務所にも所属しています。
スポーツ番組やバラエティー番組などにも出演されていたりしますのでそのギャラ収入が発生しています。
また、YouTubeチャンネルも開設されていてトレーニング動画をアップしていてチャンネル登録者も多くいることからYouTubeでの収入も得られていることがわかります。

まとめ

桐生選手のスポンサーと所属を調査して年収について考察してきました。
陸上部のない日本生命に所属して陸上競技を広めていきたいという素敵な考えの持ち主で、多くのスポンサーと契約していることからかなりの収入があることがわかりました。お子さんも生まれて父親になった桐生選手ですので今後ももっと活躍されることを期待しています。まずは東京オリンピックのリレーでメダル獲得されることを祈っています!

最後までご覧いただきありがとうございました。

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる