水美舞斗が2番手羽根でない理由は?なぜ背負わせてもらえなかったのか

11月6日は花組の「元禄バロックTheFascination」の初日公演でしたよね。
100周年を記念した公演ということで楽しみにされていた方も多いはずです。
初日を迎えたこと、100周年であることおめでだいですね♪

公演に行った方やマスコミの紙面で見た方は水美舞斗さんが2番手羽根を背負ってなかったことを受け、残念な気持ちになりましたよね。

今回の元禄バロックで2番手羽根をもらえることを予想されていた方も多いはずです。
なぜ背負わせてもらえなかったのか困惑されましたよね。

公演には行けなかったのですがマスコミが発表されていたフィナーレの写真をみて衝撃を受けました。
同期である朝美絢さんは主演を果たした公演では2番手羽根を背負っていたことが記憶にありますよね。

なぜ2番手羽根を背負えなかったのでしょうか。考えられている内容を調査してまとめてみました。

目次

2番手羽根をもらえると期待されていた理由

水美舞斗さんは2番手の活躍ぶりをされていたのでフィナーレでは必ず2番手羽根で登場することを期待されていた方が多かったのです。
階段降りも銀橋も2番手の位置でされていました
銀橋を渡り切る白色満点のソロは震えるほど美しいパフォーマンスだったという感想も見受けられていました。

2番手羽根を背負う=次期トップというのが通常の流れのため、期待されていた方も多いですよね。
カレンダーや手帳なども劇団としての扱いは完全に2番手の扱いでしたよね。

2022年のカレンダー発売の発表では水美舞斗さん2番手おめでとうございます!なんて喜びのコメントも散見されていたほどでしたよね。

宝塚スターカレンダー(トップスター、トップ娘役、2番手掲載)には、新たに海乃美月さん、潤花さん、鳳月杏さん、水美舞斗さん、朝美絢さんが選ばれていて、このメンバーは2番手確定とまで言われていて期待されていたのです。

そのほかカレンダー以外にしても特番・ポスター・芝居ショーの比重など全てにおいて水美舞斗さんがれっきとした二番手扱いとなっていました
ファンが先走って期待したわけでは全くなく、ほとんどのファンが二番手だと信じる状態だったようです。

予算の関係やVASAスポンサーへの忖度が関係している可能性

「元禄バロックTheFascination」は100周年記念公演なので豪華な衣装や舞台演出が期待されていたようですが、雪組と比べると豪華さに欠けていたという感想も見受けられていました。

コロナの影響で休演やキャパシティ100%でのチケット販売ができないという事情もあり、売り上げがいつもより計上できなかったことが関係しているのではないかと思います。
コロナの影響を一番受けているのは花組だと言われています。
今回の公演も急遽VISAのスポンサーがつきました。

最初の公演告知ではVISAの冠はついていなかったので予算の関係上スポンサーをつけるしかなかったのではないかと推測されます。

そして今回スポンサーであるVISAガールを務めているのが永久輝さんなので、水美舞斗さんに背負わせてしまうと永久輝さんが下となってしまうのでスポンサーへの忖度として背負わせなかったのではないかとされています。

忖度をした結果、水美舞斗さん永久輝さんの羽の大きさが同じという結果に落ち着いたのではないかと推測されているんです。

水美舞斗の退団や専科異動の可能性がある?

2番手羽根を背負わせなかった理由として退団や専科異動の可能性があるのではないかとも噂されていますね。
前述したように2番手羽根を背負うということは時期トップということを意味することになります。

今回背負うことができなかった理由には近々退団するような動きがあるのではないかと噂されているのです。
2番手になった後に退団となってしまったケースも過去にはありましたので、そのようなことを劇団としては避けたいということで背負わせなかったのではないかともされているのです。

また、専科への異動ということも考えられていますね。
せめて退団ではなく専科への異動になってほしいとファンならその思いは切実ですよね。

次回公演のタイミングで2番手羽根か

花組、今回は番手はっきりさせなかったのか、「2番手ぼかし」と揶揄される意見もありました。
小さめの羽根でダブル二番手(サイズ的には三番手)という公演に悔しい思いや困惑されている方も多いはずです。

前述したとおり永久輝さんスポンサーVISAへの忖度の可能性もあるなかで、次回公演では2番手羽根を背負うことや、永久輝さんと同じタイミングで2番手になるのではないかと期待の声もあがっていました。

また、以前の公演では蘭寿とむさんが初日3番手羽根で、次の日から2番手羽根を背負われたことがあったらしいです。
ファンの間では劇団へ問い合わせをしてる現象もでてきているようですね。
声がとどくことで変わることもあるかもしれません。

しかしながら羽根だけがすべてではないのではという意見もありました。

残念な声があがるなかでもっと応援していこう、ファンにできることをしていこうという素敵な意見もあります。

実際に、パレードで水美舞斗さんへの拍手が圧倒的に大きく感じられている現象もおきているようです。
ファンの思いが届いていれば良いですね。

いつでも素晴らしい舞台を魅せてくれるのが水美舞斗さんです♪

これからの活躍を応援していきたいですね。

宝塚の公演動画を見るならAmazonプライムビデオが断然おすすめです♪

過去3ヶ月の間に配信された動画が何度でも観られるうえ、タカラヅカ・オンデマンドのサービスで唯一、7日間の無料お試し期間が用意されています。

宝塚ファンの人はもちろん、試しに使ってみたいという人にもおすすめのサービスです。

Amazonプライム・ビデオはたった500円/月(税込)で、10,000本以上のコンテンツが見放題で楽しめるサービスです。
配信サービス各社の中では最安値ですよ!

\ 30日間無料でトライアル /

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる