【水谷隼】引退後は起業?年収1億超が考える次のキャリアとは?

東京オリンピック卓球で男女混合ダブルスで金メダル、男子団体戦で銅メダルを獲得した水谷隼選手ですが東京オリンピック後の引退を発表しました。

なぜ引退なのか、引退の理由が気になりますよね。
インタビューでは「目の影響がすごくある」とこたえています。

ここ数年目がみえづらくて治療しながら試合に出ていたのです。
試合中に眼鏡やサングラスを着用されていたことも話題になっていたかと思います。

日本の卓球界を率いていた水谷隼選手の引退はなぜなのか、引退後のキャリアとして何を考えているのか調査してまとめていきます。

目次

なぜ引退するのか、目の不調(病気)は本当?

水谷隼選手は2013年頃から今に至るまで、目の見えづらさと戦ってきました。
治療したり、サングラスや眼鏡をかけながらセルフコントロールをしていたようです。
詳しくは別記事に掲載しています。

水谷選手は過去に2013年に左目、2018年に右目のレーシック手術をしています

2013年の全日本選手権の決勝で目の見えづらさを感じて左目のレーシック手術を受けました。

しかし、2018年ごろに再度見えづらさを感じて、検査をすると今度は右目の視力が落ちていたのです。
さらに右目もレーシック出術をうけることになりました。

医師の見解からするとレーシック手術が直接の原因とは明言されていないようですが、
レーシック手術を受けてから明らかに目の調子が悪くなっていたと自覚していたようです。

現在も通院して治療しながら試合に臨んでいるようですが、
引退会見でコメントしていたとおり「目の治療法がない」という状態のようです。

引退理由は「自分の人生をやりたい」

2019年4月のラリーズのインタビューで東京2020開催後は引退をしたいとこたえていました。
現在32歳の水谷選手はこれまで卓球界の水谷として全力投球してきました。
学生時代も遠征ばかりで、イベントや行事にほとんど参加できず友達も少なかったとのこと。
卓球の水谷という人生ではなく、自分の人生をやりたいと答えていました。

「新しい挑戦をしたい。やりたいことがあるんです。もしかしたら悪い方向にいくかもしれないし、もっと良くなるかもしれない。ただなんかこのまま卓球だけの人生で終わりたくない気持ちが強いんです」

引用元:ラリーズ

卓球に人生をささげてきた水谷選手は、引退後は卓球愛好家に戻りたいと話していました
どうやら「やりたいこと」があるようで、それは卓球日本代表とは両立ができないと考えているからでした。

水谷選手の「やりたいこと」が気になりますね。

引退後は卓球界から離れて起業を考えている

水谷選手の「やりたいこと」が具体的に明かされてはいませんでしたが、「自分にしかできないこと」を始めたいと話していました。
卓球界で裏方にまわり業界を盛り上げるというのは考えていないようです。
卓球界からは離れるということを明言しています。

「具体的には言えないんですけど、起業してビジネスをやりたい気持ちはあります。
僕のやりたいことって、若くて、ある程度知名度があって、経済的な自由がないとできないこと。
それに適する人って日本になかなかいないと思うんですよね。

やっぱりみんな何かしら欠ける部分がある。
自分がもし東京で終わったら31歳でまだ若いし、比較的知名度もあって、経済的な余裕と時間の自由も比較的ある。ならその人にしかできないことってある。
僕はそれをやりたいんですよ」

引用元:ラリーズ

水谷選手は年俸が1億円といわれてて、貯金は1億円を超えていると話していたので経済的な余裕については確かにありそうですね。


水谷選手がどんなビジネスを始めるのか楽しみですね。
カレー屋さんをはじめたりしたらそれはそれで面白いかもしれませんね(笑)




まとめ

卓球界のレジェンド水谷選手の引退は残念ですが、東京オリンピックで有終の美を飾りましたよね。
引退の理由は目の影響が一番とのことで目の影響がなければ続けられていたのかもしれません。
しかし水谷選手は今後のキャリアで自分にしかできないことをしたいと語っていたので、次のフィールドで何を始められるのか楽しみですよね。
引退されても色々なことにチャレンジされることを応援していきたいですね。

最後までご覧いただきありがとうございました。

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる