【ホテルオークラ東京】スイートルームはどんな部屋?1泊250万円の豪華客室

東京オリンピック開催にわたりIOCのバッハ会長が来日された際に宿泊した施設が話題になっています。
選手村の選手達が段ボールベッドを利用している中、高級ホテルのスイートルームに宿泊されていました。
宿泊していたのはThe Okura Tokyo(旧ホテルオークラ)のスイートルームです。
2019年9月に改築されたホテルオークラの本館には、「インペリアルスイート」と呼ばれる超高級スイートルームが存在します。
国内最高級ホテルとされているスイートルームはどんな部屋なのでしょうか。気になりますよね。
1泊250万円もかかる高級部屋について調査してみました。

目次

5つ星ホテル「The Okura Tokyo(旧ホテルオークラ)」はどこにある?

ホテルオークラは昭和37年5月20日に開業された老舗ホテルで平成13年に新設され、2019年に改装されています。
場所は都内の中心である虎ノ門に位置しているラグジュアリーホテルです。

〒105-0001
東京都港区虎ノ門2丁目10−4
公式サイト:https://theokuratokyo.jp/

インペリアルスイートルームってどんな部屋?

引用元:ホテルオークラ公式サイト

ホテルオークラ東京の最高級部屋であるインペリアルスイートルームはなんと580平米の部屋です。
国内最大級の部屋面積とされています。
リビングは吹き抜けになっていて、メゾネット式。
プレステージタワーの39、40階に位置しているので東京の景色が展望できる部屋です。

一般的な4人家族が生活するのに平均的な広さが100平米と言われています。
そして一般的な一人暮らし向け賃貸マンションの専有面積が20~25平米です。
想像できるでしょうか、580平米の広さを…
一人暮らしのマンションの約30倍の広さです

改装後にテレ東がスイートルームの取材をしていました。
その時の動画がありました。

スイートルームは宿泊料金は250万円

インペリアルスイートルームの宿泊料金は1泊250万円と報じられています。
ホテルオークラはヘリテージウィングとクラブフロア、プレステージタワーに分かれています。
直接サイトで予約できるのはジュニアスイートまでのランクで、それ以上のランクの部屋は「お問い合わせ」になります。

一般的な客室の標準価格は6万円

引用元:ホテルオークラ公式サイト

ちなみに一般的なツインルームでの宿泊プランは60000円前後です。
(プレステージタワーの客室)

プレステージタワーの客室は28階~36階に位置しています。
客室からは、ダイナミックな都会の眺望が楽しめるので泊まる価値はありますよ♪
下層階と位置されている28階でも十分景色はいいです!

スイートルームは手が届かないにしても新しくなったばかりの高級ホテルに泊まって特別な日を過ごされてもいいですね。
コロナ禍で外出を懸念される方も多いとは思いますが、近郊のホテルでラグジュアリーなひとときを味わうのもリフレッシュになるのではないでしょうか

ホテルの部屋で家族でパーティをしてもいいですね♪
楽天ポイントが使えて貯める楽天トラベルでぜひ探してみてください♪

まとめ

IOCバッハ会長が宿泊したホテルは虎ノ門にある5つ星ホテル「 The Okura Tokyo(旧ホテルオークラ) 」のインペリアルスイートルームでした。
39階40階に位置するスイートルームは吹き抜けリビングの580平米の広さの部屋で宿泊料金は250万円と言われています。
一般的なお部屋は5万円程度で宿泊が可能です。

スイートルームは手が届かなくとも国内最高級の5つ星ホテルに泊まる価値はありますよ♪

最後までご覧いただきありがとうございました。

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる