大野将平【美しすぎる礼】道徳の教科書に掲載された日本の心とは

柔道73kg級のオリンピック選手大野将平さんは2連覇が期待されていますね。
日本武道館で実施される東京オリンピックですが日本の古き良き柔道と国際化されたJUDOの両方を体現したいと表明されています。大野選手といえば古武士のようなたたずまいで完璧なまでの礼儀作法と貫禄が素敵と国内外問わず話題になっています。大野選手の美しすぎる礼について調査してみました。

目次

大野将平選手のプロフィール

引用元:旭化成HP

氏名:大野将平(おおのしょうへい)
生年月日:1992年2月3日
出身地:山口県山口市
身長:170㎝
体重:73kg
血液型:O型
出身校:世田谷学園高校、天理大学
階級:73kg級
所属:旭化成
公式Twitter:https://twitter.com/sono0203

柔道をはじめたのは7歳の頃に松美柔道スポーツ少年団に入団してはじめました。
松美柔道スポーツ少年団の先輩には後に無差別の世界チャンピオンとなる上川大樹がいたんです。
山口県の小学校を卒業して上京し、世田谷区の弦巻中学校に入学しました。
中学2年生のときに個人戦で2008年の全国高等学校総合体育大会(インターハイ)柔道競技大会で初優勝をおさめました。

その後、2013年世界選手権大会で優勝をおさめ、2016年のリオデジャネイロオリンピックでは金メダルを獲得しました。
リオオリンピックで魅せた美しい「礼」が大野将平選手の代名詞となりました。

大野選手の圧倒的強さと美しい「礼」

2016年に出場したリオデジャネイロオリンピックでは初出場ながら、全5戦中4つの一本勝ちという圧倒的な強さでで金メダルを獲得しました。その金メダル獲得時に見せた美しい「礼」が話題になりました。

勝利を決めて金メダルを獲得したら両手を挙げて大喜びをしたり、ガッツポーズをしたりする選手を多くいます。
しかし大野選手はそのような感情をむき出しにせず、静かに一礼をして畳を後にしたのです。
その時のインタビューにはこのように答えています。

「対人競技なので、相手を敬おうと思っていました。冷静にきれいな礼もできたのではないかと思います。日本の心を見せられる場でもあるので、気持ちを抑えられたと思います」

勝敗を決めるときには必ず敗者がでてしまいますが、そこのステージにあがる選手は皆、相当な努力と練習を積み上げてきていますよね。お互いをリスペクトする気持ちを大事にして感情を抑えて一礼をする大野選手の美学は大変素敵なものだと思います。

大野選手がみせた美しい日本の心は海外でも話題になりました。
礼儀を重んじる柔道を体現した大野選手素晴らしいですね。

柔道の礼儀「立礼(りつれい)」とは

柔道には試合の中で6回立礼が行われます。これも競技のうちのひとつといっても過言ではありませんが、時に流れ作業になっている選手もいる中、大野選手はこの6回の立礼を完璧に行われています。

  1. 畳に上がる前
  2. 試合場に入る前
  3. 試合場内の開始直前
  4. 審判が勝敗をジャッジした後
  5. 試合場を出るとき
  6. 畳からおりるとき

 大野選手は立ち止まってしっかりと「礼」をしています。
立ち止まり、頭を動かさず、背筋を伸ばしてまっすぐ前を向き、かかとをそろえて40度程度前へ体を倒す。
その一連の流れを大野選手は完璧に行っているのです。

文字にすると簡単に思えるかもしれませんが、その一礼には大野選手が真面目に柔道と向き合っていることが観客にもしっかり伝わる重みがあります。

綺麗に美しく礼をしようと意識をしているわけではないそうですが、「礼」をしっかり行うことについて大野選手は以下のようにインタビューに答えています。

「一旦とどまることを習慣にすることで、自らを省みることができる。小さな気づきを自分に与えられる。道着が汚い、だらしない道着の着方は駄目。埋め込まれてきた考え、思想が発揮できる舞台がある」

国内外からリスペクトされている柔道家らしい答えですよね。自らと向き合い、相手を敬うプレースタイルは日本人としての礼儀作法の美しさを物語ってくれています。


美しい礼儀は道徳の教科書に掲載

大野選手の美しい「礼」と相手選手を敬う礼儀作法について2019年の中学三年生向けの道徳の教科書に掲載されています

リオデジャネイロオリンピック優勝時の「感情を抑えて相手に敬意を払った礼」についての掲載がありその事例について考察していく内容になっています。

<考察内容>
フランスで百万人を超える人が柔道に親しんでいるのはなぜか
大野選手はリオデジャネイロオリンピックの決勝で柔道のどんな「美しい側面」を見せることができたのだろう
礼儀にはどんな意味があるのだろう

日本の礼儀作法を重んじ、相手に敬意を払う言動が道徳の教科書に載るレベルだなんて驚愕ですよね。


まとめ

柔道オリンピック選手の大野将平さんの美しい礼についてまとめました。
リオデジャネイロオリンピック決勝で魅せた相手に敬意を払う「礼」は国内外でリスペクトされ、
中学3年生向けの道徳の教科書に載るほど話題になりました。
日本の伝統である柔道で2連覇をしてほしいですね。

最後までご覧いただきありがとうございました。

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる