ピクトグラム中の人は誰?【オリンピック開会式】がーまるちょばパントマイムが話題!

東京2020オリンピック開会式の演出で競技種目を絵文字で表したピクトグラムの全50種類をパフォーマーが道具をつかい身体で表現したパントマイムのようなショーが繰り広げられました。
ネット上では「欽ちゃんの仮装大賞みたい」「日本の文化」などと話題になっていました。
動くピクトグラムでパントマイムをしていたパフォーマーの中の人は誰なのか気になりますよね。
一部では解任となってしまった小林賢太郎ショーのようだと話題になっていました。中の人は小林賢太郎さんなのでしょうか。調査してみました!

目次

オリンピック開会式の動くピクトグラム

ピクトグラムとはオリンピックの種目全50種類をイラストで表しているもので全世界で通用するアイコンとして使われているものです。こちらを「動くピクトグラム」として今回開会式で演出されて話題になっています。

NHK公式がYouTubeにあげてくれていますので何度も見ることができて嬉しいですね!

面白くて素敵、感動的とネットでは話題になっていました。
少し失敗してしまったシーンもありましたがそれさえも愛らしい演出にみえますよね。

POTSUNEN(ポツネン)小林賢太郎さん説

解任されてしまいましたが演出をしていた小林賢太郎さんの世界観がつまっていると話題になっていました。
小林賢太郎さんはPOTSUNEN(ポツネン)というクリエイティブなお笑い舞台をされていて、その世界観に似ていると共感されている方がたくさんいました。

ラーメンズではなく小林賢太郎のソロパフォーマンス「POTSUNEN(ポツネン)氏」としてクリエイティブな笑いを提供してくれています。「予備知識のいらない笑い」「人を傷つけない笑い」が、ふんだんに盛り込まれています。

クスクスっと笑えてほっこりするような小林賢太郎の演じるPOTSUNEN氏のパフォーマンスはすべてのひとを笑顔にそして幸せにしてくれるような映像になっているのでまだ見ていない人は必見です!



間違いなくこのピクトグラムの演出をしたのは小林賢太郎さんだなぁと思われるような演出だったと話題になっていました。そして、このピクトグラムの中の人は小林賢太郎さんなんじゃないかという説も出ていましたね。

松岡修造さん説

とある番組内で松岡修造さんが動くピクトグラムをされていたようです(笑)
可能性はゼロに近いと思いますが、誰よりも先に動くピクトグラムをされていたということで候補として紹介します。

がーまるちょばさん説

エスカレーターのパントマイムが有名ながーまるちょばさんなので終盤の畳みかけるようなピクトグラムでエスカレーターのパントマイムが行われていたのでがーまるちょばじゃないかって噂されていました!

中の人はがーまるちょばひろポンさんとGABEZ(ガベジ)

公式のキャストでパントマイムのパフォーマーについて表記されていました。
ピクトグラムの中の人はがーまるちょばのひろポンさんとガベジの方々でした

開会式終了後にガベジのお二人がTwitterにあげていましたね。
素晴らしいパフォーマンスでした!

ひろポンさんはピクトグラムマンのまま記者会見に出ていてとてもシュールでしたね(笑)

がーまるちょばひろポンさん

公式サイト:http://www.gamarjobat.com/jp
公式Twitter:@GAMARJOBAT_H

日本人パントマイマーの最高峰がーまるちょばの黄色いモヒカンの方です。サイレントコメディー・デュオとして、
パントマイムの固定概念を超えた演劇作品とショーで、世界の35カ国以上で公演を行っています。
2019年、約20年におよぶデュオ活動に終止符を打ち、ソロアーティストとしてが~まるちょばを継続しています。

GABEZ(ガベジ)

公式サイト:https://gabezofficial.wixsite.com/website
公式Twitter:@GABEZ_GABEZ

GABEZは、MASAとhitoshiからなる2人組パフォーマンスユニット。ダンスとパントマイムを融合させた“DANCE & Mime Comedy”を展開し、近年は中国やニュージーランドで海外公演しています。

まとめ

東京オリンピック開会式の動くピクトグラムのパフォーマンスをしていたピクトグラムの中の人はがーまるちょばひろポンさんとガベジの方々でした。素晴らしい演出でしたよね。

これからはじまるオリンピックが楽しみですね。

最後までご覧いただきありがとうございました。

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる