レイアウト

様々なタイプのサイト

近年、企業や個人共に様々なタイプの企業サイトが公開されています。

また、パソコン向けのブラウザだけでなく、スマートフォンやタブレットなどといったモバイル端末を使う人々が増えてきました。

環境が変わってきた事で、サイトにアクセスしてきた人々が使い易いと感じるタイプのデザインも変わりつつあります。

使い易さを追求するには、ユーザーのインターフェースの使い方を探る事が大切であり、どのような操作をするのか、どの項目から読んでいくのかをサイトのコンセプトや内容に応じて調べていきます。

パソコン向けのサイトの場合、多くの機能を盛り込める為、比較的自由なレイアウトを行う事が可能ですが、制作側や運営側が表現したい方法でサイトを構築する事で使い易さが薄れてしまう事もあります。

タブレットやスマートフォン

タブレットやスマートフォンの操作で一番行い易いのが縦スクロールです。その為、企業サイトでは縦方向にスクロールするレイアウトが多く見られます。

ユーザーの環境の変化を読みつつ、パソコン向けのWebサイトとモバイル向けのWebサイトを用意する事で、ユーザーの利便性を向上させていく事が可能です。

ナビゲーションバーの設置の仕方は時代と共に変わってきており、上部に常時設置する従来の方法の他に、スクロールに追従していくタイプや普段はナビゲーションバーを隠しておいて、必要に応じてアイコンをクリックする事で上下左右のいずれかからアニメーションで動きながら表示されるといった仕組みになっていたりします。

このように内容の表示域を邪魔しないようなレイアウトにしておく事で、ユーザーにとっては見やすいWebページに仕上がっていきます。

コンテンツ

コンテンツが文章主体であるのか、イラストや写真などの画像中心で構成されているのかという事でWebサイトのレイアウトや機能を考慮していく事が必要でしょう。

文章主体の場合、縦スクロールを重視するといったレイアウトが見易さや使い易さを向上させます。画像中心の場合は、サムネイルが綺麗に並ぶようにしていく事で整然とした印象を与えたり、デザイン性が高く感じられたりします。

文章と画像を関連付けた記事で構成されているのであれば、カラムの分け方にも工夫が必要になってきます。
文章と画像のバランスを大切にしていく事で、ユーザーには見易くて読み易いコンテンツとして受け入れられます。様々なレイアウトを試す事で多くの人々に人気のサイトを構築していく事が出来るでしょう。