清水希容(しみずきよう)流派と段位は?綾瀬はるか似の美人空手家を調査

東京オリンピックで初めて追加された競技の空手「形(かた)」と「組手(くみて)」この2種目のうち「形(かた)」の女子で注目されているのが清水希容選手です。
かわいいルックスで「美しすぎる空手家」「空手界の綾瀬はるか」と言われていますがキレのある形と迫力のギャップで人気急上昇中です。
清水希容選手の流派や道場について調査してみました。

目次

清水希容選手のプロフィール

まずは清水選手のプロフィールについてまとめてみました。
清水選手の名前は珍しいとされてますが「希容(きよう)」という名前は両親が「希望の器を大きく、夢をかなえていけるように」という願いを込めて名付けられたそうです。素敵な名前ですよね。

氏名:清水希容(しみずきよう)
生年月日:1993年12月7日
出身地:大阪府吹田市
身 長:160cm
体 重:55kg
血液型:AB型
出身校:東大阪大学敬愛高等学校、関西大学文学部
所属:ミキハウス

清水選手の出身校である東大阪大学敬愛高等学校は空手の強豪校として全国で有名な高校です。
その他陸上やスポーツなどがさかんな高校なので学業と両立しやすい環境で選ばれたのかと思います。
関西大学に入学後も空手の練習に磨きをかけ続け、2013年史上最年少で全日本選手権で優勝という成績をおさめました。
しかも2013年から2019年まで7連覇しているという偉業を成し遂げているんです。
7連覇ってすごいですよね…国内には敵なしという無敵状態です。
また、世界選手権では2014年、2016年に優勝をおさめています。

東京オリンピックで期待される選手にあたいする戦歴の持ち主なんですね。

また、そのチャーミングなルックスは綾瀬はるかに似ているとも噂されています。
演武中の迫力とは正反対のかわいらしさがファンの心を鷲掴みにしますよね。


流派は「糸東流(しとうりゅう)」

清水選手が空手をはじめたのは小学校3年生9歳の頃にお兄さんの影響ではじめました。
入門した空手道場は「糸東流養秀館本部道場」という大阪市南区にある道場です。

糸東流空手とは?

現在、空手の流派は大きく分けて4つ存在します。
剛柔流、糸東流、松濤館流、和道流で4大流派とよばれています。
その4大流派のひとつである糸東流は首里手と那覇手の両方を取り入れた空手で、技が多彩な空手で、登録されている形の種類はなんと44種類です。
首里手とは関節を使ったスピーディーな技と動きで、那覇手とは筋肉を使った重厚なパワーのある技と動きです。
清水選手の演武はスピーディーでかつ重厚感のある迫力は並大抵の練習では取得することができません。
また、琉球古武道の棒術や釵術(さいじゅつ)をも技に組み入れた、総合的な武道である点が特徴な流派なんです。
最近の女子空手競技では、上位の選手のほとんどがこの糸東流であることも知られています。

糸東流空手の歴史

糸東流は沖縄出身の武道家である摩文仁賢和(まぶにけんわ)が糸洲安恒より首里手を、東恩納寛量より那覇手をそれぞれ学び、双方の頭文字をとって「糸東流」として門戸をひらきました。
1934年に空手道場の「養秀館」を設立しました。清水選手もこちらの道場に通っていましたね。
1964年に「全日本空手道連盟糸東会」が発足し、国内に糸東流が広がっていきます。
国内にとどまらず現在では世界に広がっている流派となっていて1993年「世界糸東流空手道連盟」が発足されて55か国も加盟しているんです。

糸東流空手が学べる道場

糸東流を学べる道場は全国各地にありますが、初代から受け継いで稽古されている場所で3代目の摩文仁賢雄さんが責任者をつとめる道場「養秀館」は大阪の港区にあります。

住所:〒552-0012大阪市港区市岡3-12-20
電話番号:06-6571-4892

清水選手と同じ糸東流の空手を学びたいかたは以下の連盟公式ホームページから近くの道場を探すことができます。


清水選手の段位は三段

清水選手の現在の段位は三段です。
糸東流の段位取得には条件があり、4段取得には3段取得後2年以上および満26歳以上でないと取得することができません
清水選手は現在27歳なので次は4段を目指している途中だとされています。
段位取得の条件はなかなか厳しく、最高位の8段は50歳以上だそうです。
年齢や、現在の段位を取得してからの年数も条件になっています。簡単に表にまとめてみました。

  • 初段  1級資格者 制限なし
  • 2段  初段資格者 高校生以上 制限なし
  • 3段  2段資格者 満20歳以上
  • 4段  3段取得後2年以上 満26歳以上
  • 5段  4段取得後3年以上 満30歳以上
  • 6段  5段取得後5年以上 満36歳以上
  • 7段  6段取得後6年以上 満43歳以上
  • 8段  7段取得後7年以上 満50歳以上

まとめ

日本女子空手の有力選手である清水希容選手の流派は糸東流という四大流派の中でも最も形の種類が多い流派で、スピーディーな動きである首里手と重厚感のある動きである那覇手の両刀をもちあわせた流派です。
上位入賞の選手のほとんどが糸東流であり、起源は1934年に大阪で発祥された流派で「養秀館」という道場には清水選手も通っていました。
現在の清水選手の段位は3段です。段位の審査基準は厳しく年齢や段位取得経年による条件があります。

清水選手の今後の活躍に目が離せませんね。オリンピックでぜひメダルを獲得してもらいたいですね!

最後までご覧いただきありがとうございました。

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる