スカイブラウンは宮崎県高鍋町生まれ!なぜイギリス代表を選んだのか調査してみた

オリンピック新競技のスケートボードが大変人気になっていますね。
スケートボードの競技はストリートとパークにわかれて行われています。日本人選手がストリート部門で金メダルを獲得し日本中を彷彿させていますよね。素晴らしい功績です。
日本人選手も気になりますが、イギリス代表の可愛いスケボー少女のスカイブラウンから目が離せない方も多いはずです。

めちゃくちゃ可愛いのにスケボーのトリック技が鬼ヤバいんです。
そんな美少女のスカイブラウンですがなんと日本人の母親がいて、生まれは宮崎県なんです。
スカイブラウンについて深堀して調査してみました!

目次

スカイブラウンの出身地は宮崎県高鍋町

スカイブラウンは日本人の母親とイギリス人の父親の間に生まれた日英ハーフの美少女だったんです。
現在13歳で東京オリンピックに出場しています。
スケートボードをはじめたのは3歳の頃で、プロに転向したのはなんと7歳なんです。
スケートボードの出場選手はみんな若い印象ですが、7歳でプロとは驚きですよね…

英国代表としては史上最年少での五輪出場となります。

名前:Sky Brown(スカイ・ブラウン)
日本名:澄海(すかい)
出身地:宮崎県高鍋町
居住地:ロサンゼルス、カリフォルニア、宮崎県高鍋町
身長:143センチ
体重:37kg

宮崎県高鍋町で生まれ現在は公式にはアメリカ在住となっています。
実は2020年5月にスケートボード練習中にかなり大変な怪我をしているんです。
わずか1年で回復して今回オリンピックに出場しているんですよ。

事故の詳細は別の記事でまとめているので気になる方は合わせて読んでくださいね。


宮崎県高鍋町ってどんなところ?

スカイブラウン選手が生まれ育った宮崎県高鍋町はどんなところなのでしょうか。
高鍋町は宮崎県の海沿いのほぼ真ん中に位置しています。
宮崎県のなかで一番小さい町ですが学校や商業施設などが集中しているので利便性が良い街なんです。
田舎すぎず街すぎず生活するにはちょうどいいところみたいです♪

スカイブラウンの国籍はイギリス?日本?

イギリス代表として東京オリンピックに出場したスカイブラウン選手ですが、現在13歳ということで二重国籍です。

両親が異なる国籍を持っていると、生まれた子供は二重国籍となります。
二重国籍を持つ人への対応は、国によって異なりますが、日本では22歳までにどちらかの国籍を選択するようにしています。しかしながら、欧米諸国は二重国籍であり続けることを容認しているんです。


スカイブラウン選手は今13歳ですが、今後どのような選択をしていくのかは気になるところですね。

そして、オリンピックに出場するときには日本代表選手になるかイギリス代表選手になるか選択肢は2つありました

なぜイギリス代表を選んだのでしょうか。

なぜ英国(イギリス)代表?日本代表として出場しなかった理由

スカイブラウン選手は日本代表として東京オリンピックに出場する選択肢もありましたが、イギリス代表として五輪出場を決めました。その理由が気になりますよね。
なぜ、英国代表として出場することを選んだのかというと、イギリス代表のほうがスケートボードを楽しめるからという理由でした。日本代表だとメダルを獲得するプレッシャーがすごいから…という理由でした。

メダル獲得の重圧を感じずに気楽にやれる環境を提示してくれたイギリスの代表入りを決めたんですね。
楽しくハッピーにスケートボードをやりたいというスカイブラウン選手のモットーが起因していますね。

スカイブラウンのデッキは社会貢献活動につながる

国籍の問題にふれましたが、彼女は国籍を超えて、紛争などで経済的、社会的貧困に苦しむ発展途上国の子供たちのために寄付をする活動を13歳ながらにしているのです。

スカイブラウンのスポンサーであるカルフォルニアのスケートブランドALMOST SKATEBOARDS ( オールモスト スケートボード ) から、スケートボードを通して元気と夢を与える団体、 SKATEISTAN (スケーティスタン) とのコラボレーションデッキを発売しました。
このスケートボードデッキの売り上げ収益は発展途上国の子供達におくられます

平和と優しさを意味する「鳩(ハト)」のデザインのデッキです。

スケートボードを通じて、紛争や貧困にあえぐ、世界中の子供と若者に「現在置かれている状況を乗り超え、前向きに生きる勇気を与えたい」という信念で活動されていることとても誇りに思います。

日本では楽天市場でも購入が可能です。デッキ単体とコンプリートデッキとラインナップがありますよ。



まとめ

スケートボードパーク競技に出場するイギリス代表選手のスカイブラウンさんについてまとめました。
母親は日本人で父親はイギリス人の日英ハーフの美少女で、生まれ育ったのは宮崎県高鍋町でした。
二重国籍を持つ彼女は楽しんでオリンピックに出場したいという思いでイギリス代表としての出場を決めました。

わずか13歳ながらスケートボードを通して発展途上国に寄付をする活動をしている素敵な選手でした。
平和の象徴であるハトがデザインされたスケートボードが可愛いですね。

最後までご覧いただきありがとうございました。

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる