米津玄師【死神MV】ロケ地はどこ?寄席で落語家の着物姿が話題!

Pale Blueカップリング曲「死神」のショートMVが公開されました。
着物姿の米津さんがかっこいいと話題になっていますね。こちらのMVのロケ地について調査してみました!

目次

「死神」のショートMV

公開された「死神」のMVはこちらです。

落語家の着物姿、死神のスーツ姿がとっても様になってますよね。
そして観客にもたくさんの米津さんが(笑)
ショートムービーの公開でしたがフルバージョンも見てみたいですよね。

「死神」とは古典落語の有名な演目

なぜ落語家のような着物姿なの?

米津さんがデスノートの「L」みたいだなぁと思っていたのでそれで「死神」なのかと思ってましたが、
今回のこの曲とMVで落語家の着物姿をしているのは意味がありました。
「死神」は古典落語の演目なのです。
古典落語には色々な演目がありますが、その中でも有名なのが「死神」という噺(はなし)で
内容がわかりやすく面白いので、長年多くの人から愛されているのだとか。

古典落語「死神」のストーリー

「死神」という古典落語の演目は、噺家さんによってサゲ(落ち)が全く違うのです。
極端な話、ハッピーエンドとバッドエンドくらいサゲが異なるようです。
これが「死神」という演目の魅力なんです。

漫画でストーリーを解説しているものと、立川志らくさんが演じている動画がありました。
いろんなバージョンをみてみたいですよね。

引用元:【1分で読める】マンガで落語「死神」

MVのロケ地は都内寄席「新宿末廣亭」

新宿にある寄席「末廣亭」は昼夜各席で落語を中心に漫才、奇術、曲芸など様々な演目を揃えており、ベテランから若手まで各演芸分野の第一人者が芸を披露しているエンターテイメントスポットです。
都内に4軒ある落語定席のひとつで、東京の定席としては唯一の木造で江戸の情緒あふれる寄席になっています。

新宿末廣亭
公式ホームページ:http://www.suehirotei.com/
住所:〒160-0022 東京都新宿区新宿3-6-12
アクセス:都営新宿線新宿三丁目駅から徒歩1分/各線新宿駅から徒歩7分

都内新宿の近くにこんな江戸の雰囲気が漂う木造建築の寄席があったなんて知らなかったので驚きです。
生で落語を聞いたことが無い方はこの機会に行ってみる価値はあるかもしれません!

米津さんに実際にここでライブやってほしいですね(笑)
MVの中で座っていた椅子にも座りたい方もいるのではないでしょうか。

最後にこちらのMV公開後の皆さんのリアクションをまとめてみました。

何これ!!!!もう鼻血が止まらない!!!出血多量です
死神姿も噺家姿も色気が過ぎますよ!!中毒死真っ最中…

落語家の幻師。スーツ姿の死神。相対する所在。<br>ふぅっ<br>最高です!!!お後がよろしいようで

ストーリー性があって短編フィルムのようで最高の見応えです!
ロングバージョンもお待ちしております

お芝居まで上手いなんて、天才にもほどがあります~泣
まじで、死神けんしがお迎えにきました。。でも嬉しい。。

米津「幻」師さんそろそろ映画、出てください圧巻の演技力!台詞なしでこの演技…

まとめ

米津玄師さんの新曲paleblueのカップリング曲「死神」のロケ地は曲のコンセプトと完全に一致している寄席「新宿末廣亭」でした。都内にあるのでアクセスも良好ですね。これをきっかけに古典落語に足を踏み入れてみたくなりますね。
新宿末広亭で米津さんの寄席もしくはライブを開催してもらいたいです。(切実)

最後までご覧いただきありがとうございました。

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる